明星大学ITサポートサイト

M065

一部ウイルス対策ソフトの影響によりOffice365にサインインできない場合の対応

2022-01-04

2022-01-12

 

個人所有PCにおけるOffice365へのサインイン障害(ウイルス対策ソフトによってSSOが正常に動作しないことがある)が発生している事が判明しております。

2021/10/27時点で判明しているのは「カスペルスキーインタネットセキュリティ(Kaspersky Internet Security)」と「イーセット(ESET)」いうソフトです。

本学では、複数のシステムでSSOを利用できる状態にありますが、本事象は学内のみで発生するものであり、学外ではWebページでの認証にリダイレクトする(認証ダイアログボックスが表示されない)ので問題ありません。

 

お手数おかけしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

回避方法については、下記マニュアルをご参照ください。

 

マニュアル

 

※例として、利用中のウイルス対策ソフトが「カスペルスキー(Kaspersky Internet Security)」だった場合を掲載します。他のソフトの場合は適宜読み替えてください。

 

 

(1)タスクトレイの緑のアイコンを右クリックします。

 

 

 

(2)「終了」をクリックします。

 

 

(3)SSOでサインインするシステム(例:Zoom)で、O365の認証を通りサインインしてください。

 

※O365認証途中のポップアップウィンドウにて、勉天またはStarWebへログインする際に入力するものと同じ[ユーザー名]と[パスワード]を入力して、「OK」ボタンをクリックします。

 

 

 

注意事項

 

ZoomアプリやOneDriveアプリをご利用の場合は、サインイン状態は再起動等しても保持されますが、WEBブラウザでログインする場合(認証ダイアログが出た場合)は、O365(OneDrive含む)にサインインする毎に「ウイルス対策ソフト停止→O365認証→サインイン完了→ウイルス対策ソフト再開」の手順を踏む必要があります。

 

 

(4)サインイン完了後、メニューから「カスペルスキーインターネットセキュリティ」を起動させます。

 

 

 

以上で回避手順のご案内は終了です。

 

他にも本事象に該当するウイルス対策ソフトが判明した場合は、情報センター窓口までご連絡いただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。