明星大学ITサポートサイト

M140

スキャナの利用方法【macOS】

2022-01-11

2022-01-12

現在、物品貸出中止のためスキャナの貸出は行っておりません。ご了承ください。
Windows PCで差し支えない場合には、A3サイズまで対応しているスキャナが310演習室に設置されていますのでそちらをご利用ください。

 

Windows PCでスキャナを利用する場合には、A3サイズまで対応しているスキャナが310演習室に設置されていますのでそちらをご利用ください。
Mac PCでスキャナを利用したい場合には、情報センターで貸し出ししている、A4サイズまで対応している持ち運び可能なスキャナをご利用ください。貸出期間は当日限りです。

 

 

スキャンしたデータをファイルとして保存する場合

 

(1)画面下から「Finder」を選択します。

 

(2)「アプリケーション」をクリックします。

 

(3)「イメージキャプチャ」をクリックします。

 

(4)下記画面が表示されたらスキャナとPCをUSBケーブルで接続し、原稿をセットします。
※すでに接続している場合は、下記の画面は表示されません。

 

(5)「詳細情報を表示」をクリックします。

 

※フォームアップ中は下記のようなメッセージが表示されます。

 

(6)スキャンしたい範囲(囲んでいる点線)をドラッグして調整し(①)、次の設定をします(②)。
[解像度]:150dpiを選択 / [自動選択]:1つのボックスにまとめて検出を選択
[スキャン先]:ファイルの保存先を指定 / [名前]:ファイル名を指定
[フォーマット]:ファイル形式を選択

設定が終了したら「スキャン」をクリックします(③)。

 

(7)指定したスキャン先にファイルが保存されます。

 

 

スキャンしたデータをAdobe Photoshopで編集する場合

 

(1)スキャナとPCをUSBケーブルで接続し、原稿をセットします。
(2)画面下から「Adobe Phoroshop」を選択します。

 

(3)[ファイル] > [読み込み] > [画像をデバイスから…] をクリックします。

 

(4)読み込み中は下記の画面が表示されます。

 

(5)スキャンしたい範囲(囲んでいる点線)をドラッグして調整し(①)、次の設定をします(②)。
[解像度]:150dpiを選択 / [自動選択]:1つのボックスにまとめて検出を選択
[スキャン先]:ファイルの保存先を指定 / [名前]:ファイル名を指定
[フォーマット]:ファイル形式を選択
設定が終了したら「スキャン」をクリックします(③)。

 

(6)指定したスキャン先にファイルが保存され、PhotoShopに読み込んだ画像が表示されます。